大学生協の受験生・新入生応援サイト  大学生協って何?九州の大学生協
TOP > キャンパスライフ > 奨学金制度について
新入生の方へ お部屋探し 新生活用品 教科書 食生活 パソコン 電子辞書 自動車学校 共済 受験生の方へ 先輩からのアドバイス 受験生応援!合格への道 高校生vs大学生座談会 キャンパスライフ情報 キャンパスライフアンケート 大学生活ガイドWEB 大学生活ガイドWEB

大学生協九州事業連合

全国大学生活協同組合連合会

 

奨学金には、大きく分けて二種類あります。
「日本学生支援機構(独立行政法人)」がおこなっている奨学制度と「地方公共団体、民間等による各種奨学金」です。
これらの奨学金を受けるには、学業・人物ともに優れ、経済的な理由により修学困難と認められる者でなければいけません。
奨学金の中には返還の義務があるものが多いのでご注意下さい。

■日本学生支援機構の奨学金制度
日本学生支援機構の奨学金は2種類あります。

【給付型奨学金】
経済的理由により進学が極めて困難な人を対象として、給付型奨学金が創設されます。
◆学力基準:一定の学力要件を満たすこと
◆給付額:月2〜4万円(国公私別や通学形態により異なる)

  • 社会的養護を必要とする人(児童養護施設退所者等)は、入学一時金として別途24万円の給付を利用できます。
  • 給付型奨学金と併せて、貸与型奨学金の第一種奨学金(無利息)、第二種奨学金(利息付)、入学時特別増額貸与奨学金(利息付)も利用できます。
  • 国立の大学・高等専門学校で、給付型奨学金と授業料免除制度を併せて利用する場合には、給付型奨学金が減額されます。

平成29年度は、一部先行して実施し、平成29年度に進学する私立・自宅外の人(月額4万円)と社会的養護を必要とする人 (児童養護施設退所者等、月額3万円(国公立)または4万円(私立))に限り対象とします。
詳しくは、JASSOホームページをご覧ください。

【貸与型奨学金】
日本学生支援機構の貸与型奨学金は『第一種奨学金』、『第二種奨学金』があります。
また、あわせて入学時の一時金として貸与する『入学時特別増額貸与奨学金(利息付)』があります。

第一種奨学金は無利息で、第二種奨学金は利息付です。 詳しい金額は下記の表(平成29年度版)を参考にして下さい。募集は原則1年に1回、春季に行われます。 申込方法などは学校の学生支援課の掲示板に貼りだされますので掲示板に注意しましょう。この奨学金は返還の義務があります。
■第一種奨学金(無利息) 平成29年度入学者
区分(貸与月数) 通学 貸与月額(円)
大学
(48か月)
国・公立 自宅45,000
自宅外51,000
私立自宅54,000
自宅外64,000
30,000
短大
専修<専門>
(24か月)
国・公立 自宅45,000
自宅外51,000
私立自宅53,000
自宅外60,000
30,000
通信教育(大学・専大・専修<専門>)
―面接授業期間(1か月)
88,000
高専
(36か月+24か月)
国・公立 自宅21,000 (45,000)
自宅外22,500 (51,000)
私立自宅32,000 (53,000)
自宅外35,000 (60,000)
10,000 (30,000)
大学院修士課程
(24か月)
50,000
88,000
博士課程
(36か月)
80,000
122,000
●高専の()内月額は、平成29年度入学者が4年次に進級したときに適用します。
※国公私立・通学形態にかかわらず、大学・短大・専修学校専門過程・高専では貸与月額3万円(高専1〜3年生は1万円)を選択することができます

平成29年度採用者から新しい返還方式が選択できます!(第一種奨学金のみ)

平成29年度から、第一種奨学金(無利息)の返還方法として「定額返還方式」か「所得連動返還方式」のいずれかの返還方式を選べるようになりました。 「所得連動返還方式」は、貸与終了後の収入・所得に応じて月々の返還額が変動するため、無理なく奨学金の返還を続けていくことができます。 なお、「所得連動返還方式」を選ぶ場合は、機関保証となります。
<定額返還方式の返還例>
区分(貸与月数) 通学 貸与月額(円) 貸与総額(円) 月賦額(円) 返還回数(年)
大学・私立
(48か月)
自宅54,0002,592,00014,400180(15)
大学院・修士課程
(24か月)
50,0001,200,0008,333144(12)
<所得連動返還方式の返還例>年収に応じて返す月額が決定
年収:200万円 → 月額:約4,700円
年収:300万円 → 月額:約8,900円
■第二種奨学金(利息付) 平成29年度入学者
区分 貸与月額(選択性)
大学・短大・高専<4・5年>・専修<専門>3万円・5万円・8万円・10万円・12万円から選択
私立大学 医・歯学課程12万円を選択した場合に限り、4万円の増額可
私立大学 薬・獣医学課程12万円を選択した場合に限り、2万円の増額可
大学院5万円・8万円・10万円・13万円・15万円から選択
法科大学院15万円を選択した場合に限り、4万円・7万円の増額可
<大学学部・貸与期間48か月の返還例>(単位:円)
貸与月額 貸与総額 返還総額 月賦額 返還総額 月賦額 返還回数
(年)
固定金利(年0.16%)の場合年利率3.0%(上限金利)の場合
50,0002,400,0002,430,87013,5043,018,56816,769180(15)
80,0003,840,0003,904,91716,2705,167,58621,531240(20)
  • 奨学金申込時に@利率固定方式(貸与終了時に決定する利率を返還完了まで適用)、A利率見直し方式(返還期間中おおむね5年毎に見直される利率を適用)のうちから利率の算定方法を選択します。
  • 返還利率は、国の財政融資資金の借入金利に連動して変動します(上限年3%)

    ※平成27年卒業生の適用金利(平成28年3月末現在の金利)は、利率固定方式の場合年0.16%、利率見直し方式の場合年0.01%となっています。


■地方公共団体、民間等による奨学金制度

地方公共団体、民間等の奨学金はそれぞれ異なります。これらの奨学金についても学校の掲示板に申込方法などが掲示されますので注意して下さい。


授業料免除について

授業料免除はその名のとおり、授業料を全額免除、または半額免除してくれる制度の事です。 経済的に授業料の納付が困難であり、かつ学業が優秀と認められた人の中から選ばれます。授業料免除は半期(前期・後期)毎に行われます。


【奨学金の貸与を希望される方へ 採用方法】

奨学金の申込みは、在学する学校を通して行います。
学校長の推薦を受けた申込者について選考のうえ採否を決定します。
選考は人物・健康・学力・家計について基準に照らして行い、予算の範囲内で採用する仕組みです。
奨学生の採用方法には「予約採用」「在学採用」「緊急採用・応急採用」があります。
予約採用(入学前に申し込む制度)
進学する前年に、在学している学校を通じて申込みを行います。
※高等学校卒業程度認定試験合格者・日本学生支援機構が定める基準に該当する科目合格者・出願者の方は、日本学生支援機構に直接お申し込みください。
在学採用 (入学後に申し込む制度)
在学している学校を通じて申込みを行います。
※募集は原則として、毎年春です。
緊急採用・応急採用( 入学後に申し込む制度)
家計の急変(家計支持者の失職・破産・事故・病気・死亡、災害等)で奨学金を緊急に必要とする場合に、随時、在学している学校を通じて申込みを行うことができます。 
※申込みは家計が急変してから12か月以内に限ります。
国内から海外留学を希望する方向けの奨学金(第二種奨学金(海外)・第二種奨学金(短期留学))の募集もあります。
※詳細は学校の掲示板等に掲示されますので注意しましょう。

Copyright © 2017 kyushu-bauc. All right Reserved.

| お問い合わせ | このサイトについて | 個人情報保護について | サイトマップ |