インフォメーション

宮崎大学生協 地産地消企画メニューで学生と生産者を応援

宮崎大学生協では6月に「奥日向サーモン丼 500円」を食堂で提供し、学生、職員のみなさまに好評をいただきました。
西米良で養殖された”サーモン”がコロナ禍で観光激減の為、出荷できない状況にあり、宮崎大学生協が応援企画メニューとして実施しています。
木花食堂では6月7日~11日の1週間で1600食以上利用され、 医学部食堂では6月21日~25日に毎日100食限定企画に毎日足を運ぶ学生もいたほどの人気です。 地域とのつながりによる学生も生産者も笑顔になる取り組みです。

TOP